自分に甘い人。

東京・世田谷区の自宅で乾燥大麻を所持していたとして、警視庁渋谷署が

大麻取締法違反(所持)の疑いで、モデルの岡本至恩(しおん)容疑者(25)を

現行犯逮捕していたことが3日、同署への取材で分かった。

 

何かとお騒がせのテラハ出演者ですね。

あの番組が縁で売れた人で、調子に乗ってたと話す人もいるらしい。

 

まだ若いのに歯が汚いとか。

大麻の常習者だという声もある。

 

25歳でイケメンの長身。

恵まれたルックスであっても、薬に手を出す弱さ。

自分に甘い典型的人種です。

せっかく売れてたのに、自分で首絞めたね。

才能あるのに。

Do As Infinityの元メンバーで作曲家の長尾大被告(49)が29日、

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴されていたことが分かった。

 

これを受け、ボーカルの伴都美子(41)は自身のツイッターを更新。

「お前さんの曲に出会って命拾いしたんだぜ。裏切るな、生涯覚えてろよ。バカ野郎」

と喝!

 

長尾さんの事だとは触れていませんが、おそらくそうでしょうね・・・。

 

元メンバーとはいえ、一緒に過ごした仲間の逮捕はショックだったと思う。

薬に頼らなくても、素晴らしい才能がある。

残念です。

この知事なら安心。

大阪府吉村洋文知事が26日夜、ツイッターを更新。

 

この日新たに判明した新型コロナウイルスの感染者が141人だったことを報告し、

合わせて重症病床(ICU)、中等症軽症病床(一般病床)、

軽症無症状ホテル療養(部屋利用数)の使用割合など詳細を伝えた。

 

25日午後4時から26日午後4時までの数字。

5日連続の100人超えで、今月24日の149人に次ぐ、過去2番目に多い

感染者数となった。

 

吉村知事率いる大阪府は、感染者数が増えても何だか安心して任せられる気が

しますね。

愛知県の大村知事は、他人事ですから。

政策も対処もピカイチ。

こういうリーダーばかりだと、人も安心出来ると思います。

引退も復帰も計算?

元音楽プロデューサーの小室哲哉氏(61)が復帰するという。

今月24日発売の乃木坂46の新曲「Route246」の作曲・編曲を手がけ、

既に復帰してると言っても良いかもしれない。

 

結局、不倫騒動で引退を宣言し、マスコミから逃げただけでしたね。

妻のKEIKOさんとは離婚調停中だそうですし。

 

病気の奥さんを捨てて、しっかり準備してたと思うと憤りを感じます。

 

そんな人の曲が売れるのは、おかしな話です。

心機一転になる?

欅坂46は16日に行った無観客完全生配信ライブ

「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!」で、約5年間に渡った活動に

終止符を打ちグループ名を変えて再出発することを明らかにした。

 

同グループは今年1月、象徴的存在だった平手友梨奈が脱退していた。

今後は来月最後の楽曲をリリースし、10月に予定されているライブをもって

活動を休止する。

 

さすがに平手さんの抜けた欅坂は持たない・・・。

そんな気がしますね。

彼女の為に楽曲を作って売れて来たのが欅坂の実力。

グループ名を変えて心機一転になればいいけど・・・。

何が死を選択させたのか?

アイドルグループ「KissBee」のメンバーで「URA―KiSS」では

アイドルユーチューバーとして活動していた鷹野日南さんが10日に

20歳で亡くなっていたことが明らかになった。

 

鷹野さんは亡くなった10日午前8時すぎ、

「みんながいてくれたからここまでこれたよありがとう」

とつぶやいている。

 

お別れの言葉。ですね・・・。

 

一体何があったのか。

取締役という顔もあった鷹野さん。

 

20歳です。

若すぎる死に、無念しかありません。

死因は明かされていませんが、おそらく自殺でしょう。

死を選ぶしか無かった事。とても残念に思います。

性格と心の違いが明暗分けたね。

木下優樹菜(32)の芸能界電撃引退発表の翌7日の朝のこと――。

 

木下の元夫でお笑いタレント藤本敏史(49)は7歳と4歳の娘の面倒を見て、

幼稚園に送迎していた。

 

別れても子供は子供。

他人じゃなく血を分けた我が子です。

 

じゃじゃ馬な木下さんをちゃんと支えるフジモン

すごいって思います。

結婚当時は格差婚とか売名なんて言われてたけど、やっぱり性格ですね。

性格と心が温かい人はどこでも生き残れます。

お父さんがフジモンで、お子さん達も救われたと思います。